設立趣旨

Ⅰ.目的
独創的な「国家ビジョン」を樹立し、もって「新しい国家像」を引き出すこと。
Ⅱ.基本理念
縄文時代以来、自然との共生の中から刷り込まれてきた、日本人のアイデンティティーが共有する、「自然の摂理」を基層に秘めた日本文明の哲学を基本理念とする。
Ⅲ.基本ビジョン
これからの時代を切り拓く為に、政治・行政の改革と、金融・財政による経済の変革や、諸々の社会制度の改革等を、新しい理念の下に、同時かつ速やかに政治主導で成し遂げる。
その為、不偏不党の立場から政治を支える知的集団を増強し、日本の政治の発信機能と政策形成機能の強化に貢献する。
Ⅳ.活動戦略
本格的な政策提言機能を堅持するため、欧米のシンクタンクが有する以下の3つの機能を実践する。
①研究活動機能
政策立案・政策案の実現可能性の検討、政策案の効果検証。
②対外主張・アドボカシー活動機能
講演会・シンポジウム・出版事業・メディア活動事業等である。
③ロビー活動機能
政治マターへの積極的接触面談、各省庁主要ポストへの提言、
政治マター勉強会参加、各種議員連盟への支援・協力の連携等々

中長期方針はこちら