代表紹介

略歴

1930年生  三重県出身。
関西学院大学大学院哲学専攻科博士課程修了。
同大学の助手を勤めた後、日本弁管工業(その後、株式会社ベンカンに改称)に入社。社長、代表取締役会長を歴任。グループ年商一千億円にまで育て上げたが、2001年以降社会貢献活動に専念。

公職略歴

東京商工会議所副会頭、日経連常務理事、新産業人会議代表、国際科学振興財団会長、税制調査会委員(大蔵省)、金融制度調査会(大蔵省)、産業構造審議会委員(経済産業省)、行政改革委員会、規制緩和委員会委員(内閣府)等を歴任。
官の論理に対し、民の視点、中小企業の視点から、歯に衣を着せぬ論戦を挑む。
日銀法改正のための金融制度調査会では、日本銀行の独立性確保を強く主張、現行の改正日銀法の成立に大きく貢献。
金融ビッグバンにより銀行の猛烈な貸し剥がし・貸し渋りの嵐が吹き荒れ (1996-98)、中小企業の倒産が激増した時、単身総理官邸を訪れ、特別信用保証制度(無担保・無保証で5千万円金融貸可能)の導入の必要性を訴え、同時に国会の大蔵委員会に産業会代表として出頭、自論を展開、訴える。
新制度の実施により金融界は一転、積極的融資拡大に転じ、融資額は 40兆円に達し、利用して苦境を脱した企業数は百万社を超え、中小企業は危機を脱した。

その他の活動

産業NPOグループ会長、ひとづくりNPO、ものづくりNPO等、数多くのNPOを設立、 NOP/NGO育成、市民の立場から社会貢献活動を展開し日本再生に取り組んでいる。
2005年、NGO/NPO100団体連合、日本文明フォーラム初代理事長に就任。また、早稲田大学 理工学総合研究センター顧問を歴任。

著書

『生き残れる組織、生き残る国』/講談社
『西欧キリスト教文明の終焉』
『陽はまた必ず昇る 日本復活六つのカギ』
『人間の本性の謎に迫る』
『日本文明が世界を救う』/PHP研究所
『脱・衆愚国家日本』